“ビジネスの入り口”リクルートに関する法律を学んでの成功方法の仕組みと口コミとは? - 副収入源の間違えた選び方はもう卒業しませんか!!   知人・友人を誘うことなく完全在宅で誰にもナイショで自由にできる魔法の方法を教えちゃいます♪

インターネットでネットワークビジネスが出来るって?

  • 100人リストアップは無理です!友達を無くしたくない!
  • 友達から仲間外れされ白い目で見られる。もう耐えられない!
  • 宗教的なセミナーで、アップの言いなりは限界だ!我慢出来ない!
  • 活動費用ばかり増えて貯金は減るばかり!もう限界です!
  • 足の引っ張り合いの人間関係にぐったり!もう逃げ出したい!

【必見】待ち焦がれた簡単集客法です。これなら初心者でもできる簡単ダウン構築法とは?

“ビジネスの入り口”リクルートに関する法律を学んでの成功方法の仕組みと口コミとは?


8856266.gif





お気軽にクリックして「無料メールレッスン」受けてみてください。
【必見】必要なのは話し上手よりも仕組みです。パジャマ姿でできる安心集客法とは?






yjimage (7).jpg


月刊ネットワークビジネス誌にも紹介されていますが、このところ、数ヶ月おきにネットワークビジネス事業者への行政処分が行われています。

それぞれの処分内容を検証してみると、どの事例もリクルートに関する違反行為が共通しているようです。


● 大事な内容をあえて告げない

重要事項不告知」は、ネットワークビジネスを始めるにあたって、相手が知っておくべき重要な内容を故意に告げずに登録させようとする行為で、ここで言う「重要事項」とは、紹介した製品の品質や販売価格、特定負担の金額などが該当するそうです。


また、例えば「誰でもが確実に儲かる・・」とだけ強調する勧誘は、ビジネスの成功には紹介活動が必要であることを伝えていない意味で、「重要事項不告知」であって、相手に「何もしなくても収入を得られる・・」といった印象を与える意味で不実告知になってしまうようです。

この「重要事項不告知」も、特商法第34条「禁止行為」のひとつで違反した場合罰則が適用されるようです。


● 「適合性原則違反」とは?

例えば、勧誘者は定職についていなく貯金も十分でない学生に対し、相手の支払い能力に見合わない高額な負担をさせた場合、このような学生勧誘は、「適合性原則違反」の代表的な例であって、この他の違反行為は、「公衆の出入りしない場所での勧誘」や「迷惑勧誘」(例として契約締結の意思のない相手に繰り返し勧誘)、「断定的判断の提供」があるようです。


yjimage (5).jpg



● 特定商違反の行為は、勧誘の最初でおきている

もっとも多い「勧誘目的等不明示」に顕著なように、どれもリクルートに関する違反行為で、ディストリビューターがネットワークビジネスで長期的に収入を得るためには、一時的でない組織の構築が必要で、リクルート成功によっての目先のボーナスに惑わされることなく、法律を遵守したビジネスを徹底する必要があるようです。






th.jpg22.jpg



誰でもが、もっともっと胸を張って堂々と楽しく取り組めるネットワークビジネスにしたいですね。

ネットワークビジネスの製品は評判も良く愛用者も多く、サラリーマンや主婦の副業には最適なにの、なぜ敬遠してしまうんでしょう?

ZL7Cup3beyiYz9L1414352796.jpg


誤解や偏見もなく、堂々と胸を張ってネットワークビジネス(MLM)をみんなで楽しむ方法はないのでしょうか?

th.jpg㉑.jpg


あるんです。

全然興味・関心のない知人友人への無理&強引な勧誘から、
インターネットによっての興味・関心のある人だけに来ていただけばいいんです。

インターネットは一日24時間~365日文句ひとつ言わないで
私たちの代わりに集客してくれるんです。

「朝起きたらダウンさんができていたら・・」

「会社に行って仕事をしてる間にダウンさんが勝手にできていたら・・」

先ずは自分の目で確認をしてみてください。
 ↓  ↓  ↓ 【必見】これを見てからビジネスを始めることを勧めます!【必見】50~60歳代のあなた! 老後の不安を解消する耳より情報です!

O4p4iXAGTIYknIY1466149028.png">

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー