ネットワークビジネス法律 - 知人・友人を誘うことなく完全在宅で、組織を自動構築できる魔法の方法を教えちゃいます♪

        クリックして覗いてみてください♪
ヘッダー画像ネットビジネス-1-crop.jpg">
  • 100人リストアップは無理です!友達を無くしたくない!
  • 友達から仲間外れされ白い目で見られる。もう耐えられない!
  • 宗教的なセミナーで、アップの言いなりは限界だ!我慢出来ない!
  • 活動費用ばかり増えて貯金は減るばかり!もう限界です!
  • 足の引っ張り合いの人間関係にぐったり!もう逃げ出したい!

【必見】待ち焦がれた簡単集客法です。これなら初心者でもできる簡単ダウン構築法とは?

「若者に多い!」勧誘のトラブルとSNSの上手い使い方を学んでの成功方法の仕組みと口コミとは?



8856266.gif





お気軽にクリックして「無料メールレッスン」受けてみてください。
【必見】待ち焦がれた簡単集客法です。これなら初心者でもできる簡単ダウン構築法とは?





yjimage (7).jpg

月刊ネットワークビジネス誌にも紹介されていますが、20歳になったばかりの成人からの消費者相談が目立っているようです。

若者に人気のSNSも、使い方を誤るとトラブルの温床になりかねません。


● リクルート前には氏名などの明示が必須です。

若年層が特に気をつけたいのが、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を介したトラブルで、近年、FacebookやLINEなどのSNSを通じて、友人や全く知らない人から「お金を増やす方法がある・・」
「簡単に儲かる・・」といった話を聞いて、その話をうのみにした消費者が高額な契約を結んでしまうケースが増えているようです。


ネットワークビジネスにおいては、SNSの利用は諸刃の剣で親和性が高い反面、使い方を誤ると特商法に抵触しかねなく、中でもSNSを活用したリクルート行為は控える必要があって、特商法では、勧誘の前にしなければならない「定め」として・・

ビジネスのセミナーに誘ったり、勧誘のアポイントをとる際は、

@ 主宰企業の名称

A 自分の氏名

B ネットワークビジネスの勧誘であること

C 扱っている製品の種類

・・・を告げる必要があります。

しかし、匿名で利用しているSNS上では、この勧誘要件をすべて満たすことは難しく、多くの主宰企業はSNSによる勧誘を禁止してるようです。



yjimage (6).jpg


また、特商法36条3では、相手方の承諾を得ないでネットワークビジネスの電子メール広告を送ることは禁止される「オプトイン規制」を定めているようです。

ここで言う「広告」とは、「連鎖販売取引を行うように勧誘するもの」を指し、メンバー募集、説明会に誘うメールも含まれるようです。


SNSは、メンバーとの交流などには便利で将来性を秘めているサービスですが、ディストリビューターには慎重な活用が求められるようです。






th.jpg22.jpg



誰でもが、もっともっと胸を張って堂々と楽しく取り組めるネットワークビジネスにしたいですね。

ネットワークビジネスの製品は評判も良く愛用者も多く、サラリーマンや主婦の副業には最適なにの、なぜ敬遠してしまうんでしょう?

ZL7Cup3beyiYz9L1414352796.jpg


誤解や偏見もなく、堂々と胸を張ってネットワークビジネス(MLM)をみんなで楽しむ方法はないのでしょうか?

th.jpg㉑.jpg


あるんです。

全然興味・関心のない知人友人への無理&強引な勧誘から、
インターネットによっての興味・関心のある人だけに来ていただけばいいんです。

インターネットは一日24時間~365日文句ひとつ言わないで
私たちの代わりに集客してくれるんです。

「朝起きたらダウンさんができていたら・・」

「会社に行って仕事をしてる間にダウンさんが勝手にできていたら・・」

先ずは自分の目で確認をしてみてください。
 ↓  ↓  ↓ 【必見】これを見てからビジネスを始めることを勧めます!【必見】50~60歳代のあなた! 老後の不安を解消する耳より情報です!

O4p4iXAGTIYknIY1466149028.png">


勧誘のトラブルとSNSの上手な使い方を学んでの成功方法の仕組みと口コミとは?


8856266.gif




【必見】主婦&パートタイマーで在宅副収入源をお探しのあなたに耳より情報です!



yjimage (9).jpg


月刊ネットワークビジネス誌にも紹介されていますが、20歳になったばかりの成人からの消費者相談が目立っているようです。

若者に人気のSNSも、使い方を誤るとトラブルの温床になりかねません。


■ 成人したての若者からの消費者相談が目立っているようです。

国民生活センターが、若者が巻き込まれやすい消費者トラブルについて注意喚起を行ったようです。

20歳を超えたばかりの成人からの相談件数は、未成年と比べて多く契約金額も高額になる傾向にあるようです。

契約する商品やサービスは・・

○ マルチ取引(ネットワークビジネス)

○ サイドビジネス

○ エステ

・・・などが増加傾向にあるようです。

未成年者の場合は、親権者の同意なしに締結した契約は、取り消すことが原則できるようですが、成人になると簡単にはいかないようで、ネットワークビジネスでは多くの主宰企業が学生の登録を禁止していますが、社会にでたばかりの20歳代も、学生と同じく判断力や経済的に乏しいことが多く、勧誘したり参加する際は注意が必要なようです。


yjimage (7).jpg



● 20~22歳の「マルチ取引」の相談は全体の役15%

5年間の相談情報の詳細を見てみると、18~19歳では「マルチ取引」に関する相談が2.1%に対し、20~22歳では全体の14.6にあがるようです。


ネットワークビジネス業界では、過去の事例から学生や未成年者の登録を禁止している企業が殆どで、学生や未成年者への勧誘はトラブルになりやすく、社会問題を引き起こすことが分かっているからです。


つまり、学生や未成年者の登録を認めている企業は、それだけで日本の業界の常識から逸脱していることになり、そのような企業の会員から勧誘を受けた場合には慎重に判断する必要があるようです。




th.jpg22.jpg



誰でもが、もっともっと胸を張って堂々と楽しく取り組めるネットワークビジネスにしたいですね。

ネットワークビジネスの製品は評判も良く愛用者も多く、サラリーマンや主婦の副業には最適なにの、なぜ敬遠してしまうんでしょう?

ZL7Cup3beyiYz9L1414352796.jpg


誤解や偏見もなく、堂々と胸を張ってネットワークビジネス(MLM)をみんなで楽しむ方法はないのでしょうか?

th.jpg㉑.jpg


あるんです。

全然興味・関心のない知人友人への無理&強引な勧誘から、
インターネットによっての興味・関心のある人だけに来ていただけばいいんです。

インターネットは一日24時間~365日文句ひとつ言わないで
私たちの代わりに集客してくれるんです。

「朝起きたらダウンさんができていたら・・」

「会社に行って仕事をしてる間にダウンさんが勝手にできていたら・・」

先ずは自分の目で確認をしてみてください。
 ↓  ↓  ↓ 【必見】これを見てからビジネスを始めることを勧めます!【必見】50~60歳代のあなた! 老後の不安を解消する耳より情報です!

O4p4iXAGTIYknIY1466149028.png">